金融商品でもあるペット保険に加入する

海外と日本の違い

日本企業との大きな違い

海外の自動車保険に加入して、もう10年目になります。それまでは外資系と言うと、対応や実際の補償に疑問があって国内の自動車保険会社に加入していました。しかし経済的な理由から外資系の自動車保険会社に切り替え、それまでは大きな事故もなく、自動車保険屋さんに頼ることもなかったので、どこでも一緒かなと思い加入しました。しかし私も結婚して、妻と子供ができて、妻が車を運転することになってなんと2年間で3度の車の衝突事故にあい、保険屋さんに大変お世話になりました。(ちなみに運転者はすべて妻です)結論から言うと非常にスピーディーなしっかりとした対応を取っていただき、心から感謝しています。かなりおすすめです。これからも是非お世話になるつもりです。

コストパフォーマンスの高さ

おすすめの理由は、以前の国内企業の自動車保険会社に加入していた時の料金は月額にしておおよそ6000円でした。(車両保険なし)切り替え当時、外資系の保険料金は同条件で4000円程度でした。インターネットから加入するとさらに割引が効いて3700円くらいだったと思います。それから度重なる事故で、散々おせわになったにも関わらず、昨年の更新で現在の自動車保険料は3000円にまで割引がきいています。条件はもちろん変えていません。更新の度にインターネットで更新していたのでその分が効果的だったと思います。ロードサービスでもバッテリー上がりやレッカー移動の際にもかなりお世話になりましたが、即座に対応していただいた敬意もあるので、家族にもおすすめできる商品です。

» ページのトップへ戻る