金融商品でもあるペット保険に加入する

保険料が安くなる

自動車保険料を安くするおすすめテクニック

自動車保険は保険会社の収支悪化の影響もあり、保険料の高騰傾向が続いています。その中で保険料を安くするおすすめテクニックを紹介します。まず家族でゴールド免許を持っている人がいれば、その人を記名被保険者にして保険契約を行えばゴールド免許割引が適用できる契約があります。契約者と記名被保険者は別々に設定できるので保険料を支払う人と記名被保険者がちがっていても問題はありません。また車両保険を付ける場合で保険料を安くしたい時は、危険限定特約を付けるのではなく免責金額を大きくしましょう。保険料はさほど変わりません。危険限定特約を付けてしまうと自損事故で自動車が大破した場合に保険金が出ないことになり非常に困ります。自動車保険のおすすめ契約はほかにもあるのでよく保険会社に相談しましょう。

自動車保険のおすすめ特約について

そのほかに自動車保険で付けることがおすすめなのが人身傷害保険、弁護士費用特約、日常生活賠償保険特約があります。人身傷害保険は自損事故や加害者が保険に加入していない事故でケガをした場合にカバーされるものです。弁護士費用特約は被害者になった際に示談交渉を弁護士へ依頼した場合の弁護士費用をカバーするものです。この場合は自動車保険会社は間に入れないため自分で交渉したくなければ弁護士へ委任するしかありません。日常生活賠償保険は自動車事故以外の、例えば自転車事故で加害者になった場合の相手方への損害賠償費用をカバーするものです。これらの特約は、さほど保険料も高くないため本当に困った時に役に立つおすすめのものです。

» ページのトップへ戻る