金融商品でもあるペット保険に加入する

保険にはいる為に

アイペットに入るには

ペットを飼っているとどうしてもそのペットが病気やけがをしたときの治療費が高額になりがちです。苦しむペットを放ってはおくことはできません。でも、高額な医療費に躊躇する人も多いはずです。ペットの医療費は自由診療の上に全額自己負担です。どうしても何万にもなりがちです。その支払いの負担を軽くし、ペットに充実した医療を受けさせたいとき、いざというときの備えにもなるのがアイペットです。 月々の保険料は補償を充実させると結構な金額になりますが、でも動物病院にかかるとこの比ではありません。それにアイペットは補償割合を選べますので保険料の支払いを軽くしたい人は50%のプランがお勧めです。50%でも助けがあれば本当に助かります。また、高額になりがちな手術代のみの補償のプランもあり、こちらは本当に保険料が安いのでお勧めです。もちろん補償優先の70%プランもありますので検討してみて下さい。

アイペットに加入するにはWEB上で加入手続きをすることができます。見積りも簡単にすることができます。自分のペットの月々の保険料の支払いがどれくらいなのかがすぐにわかります。また、じっくりと検討したい方は資料請求をすることができます。資料を取り寄せてじっくりと検討することができます。 アイペットは保険ですので告知義務があります。ペットの状態を正確に告知する必要があります。もし、告知内容に偽りがあると保険の支払いが行われない可能性があります。加入の際にはペットの用途や種別、品種、生年月日を正確に告知する必要があります。また、病歴や既往症なども正直に告知しておきましょう。いざというときに保険が支払われないということを防ぐことができます。

» ページのトップへ戻る