金融商品でもあるペット保険に加入する

保険にはいる為に

動物病院などで治療や薬を購入すると、費用が高額になります。怪我などで入院するとなると、さらに負担がかかります。そのようなときに役立つのがアイペットという保険です。利用するプランが選べます。

» 詳細を確認する

見直すことが大切

保険は、生活スタイルが変わることがあるので保険見直しが必要になります。東京では、見直しを行ってくれる専門の業者がいます。見直しを行なうことで、保険料の費用が安くなることもあります。

» 詳細を確認する

ペットの保険

人間の3倍以上かかるペットの医療費

ペットの飼い主で一度も病院に行ったことがないという人は、ほとんどいないはず。風邪を引いたり、外で怪我をしてきたり、可愛い反面、心配も尽きないのがペットです。さらに言葉を話さないペットの場合、気が付いたら病気が進行していたということも多々あります。最近は家の中でペットを飼う人が増え、ペットの寿命が長くなりましたが、その分、人間と同じような成人病にかかるペットも増えているのです。 そんな時に飼い主が向き合わなければならないのが、医療費。保険制度で負担3割という人間の医療費と違い、ペットの医療費は100%自己負担です。ペットを大切にする飼い主なら、ペットにきちんとした医療を受けさせ、ちゃんと病気や怪我を治してあげたいと考えるでしょう。そんな飼い主の気持ちを支え、ペットの病気を見守ってくれるのがアイペットのペット保険なのです。

厚い保障から、手術だけのライトな補償まで。

アイペットの保険には、病気や怪我を厚く補償する「うちの子」と手術とその前後の入院のみを補償する「うちの子Lite」があります。 アイペット「うちの子」なら通院、入院、手術など幅広い医療に対応してくれ、どんな時でも安心です。補償プランとしては、かかった費用の70%を補償してくれるコースと50%を補償してくれるコースの2つがあり、飼い主の都合に合わせて選ぶことができます。 また、「うちの子Lite」なら月々780円から(猫、0歳の場合)のお手頃プランで手術とその前後10日間の入院費用を90%まで補償してくれ、特に大きな出費の時だけ備えたいという飼い主にぴったりです。 また、飼い主にとって嬉しいのが、アイペットなら対応病院が全国にあり、その病院なら保険証を提示するだけで、窓口での支払いが保険適応後の負担額のみでOKな点です。 ペットの怪我や病気は飼い主にとってツライ体験。アイペットに加入することで、せめて、お支払の悩みから解放されるなら、そのメリットは大きいのではないでしょうか。

海外と日本の違い

日本企業でも、多くの自動車保険があります。しかし、費用の負担が大きいものが多いです。その負担を軽減できるおすすめの保険が外資系の自動車保険です。費用も安く補償も厚いので人気です。

» 詳細を確認する

保険料が安くなる

自動車保険料が高いという人は、いくつかの方法を行なうことで保険料を安くすることができます。おすすめの方法は、ゴールド免許を持っている人が自動車保険の契約を行なう方法です。

» 詳細を確認する

持病があっても

保険に加入したいけど、持病を持っているので加入ができなかったという人も多いでしょう。最近では、持病のある人でも充実した補償が受けられる保険が登場しています。この保険には多くのメリットがあります。

» 詳細を確認する

» ページのトップへ戻る